美容外科の賢い利用法

顔の美容外科

アンチエイジング

美容外科でアンチエイジングを行う場合、注射を打ってシワ取る方法が一般的です。注入する成分としては、コラーゲンが少し前まで一般的でしたが、現在は長期的な持続が望め、アレルギー反応も少くないと言う事でヒアルロン酸注入が主流となっています。

ヒアルロン酸注入をほうれい線や口の周辺、またお額の深いしわなどしわの目立つ所に注入すると、ヒアルロン酸がたるんだ肌を引き延ばしてくれます。ヒアルロン酸には保湿力も十分にあるので、肌に注入すると瑞々しい状態をたもって、老化を防止する事も出来ます。

また、美容外科ではヒアルロン酸注入によるしわとり効果以外に、ボトックス注射によるアンチエイジングも流行っています。ボトックス注射は、しわを作る原因になる表情筋の働きを麻痺させて、しわを出来なくさせる働きがあります。

美容外科のボットクス注射は、表情筋が無駄に動くのを防いで、しわの原因を無くす事で、しわが増えないようにします。 最近、注目されているのが、PPPジェルという自分の血液から取り出した血小板を使用したしわとり方法が美容外科で注目されています。PPPジェルでは、血液から抽出した血小板血漿に熱を加えてジェル化させて出来ます。

このジェルを皮膚に注入する事で、コラーゲンやヒアルロン酸の生産が促進されて、しわの改善が出来てアンチエイジングすることができます。自分の血液を使用している事で、ヒアルロン酸よりもさらにアレルギー反応が無く、シワの解消効果が高いとされています。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved