美容外科の賢い利用法

顔の美容外科

ニキビ治療

美容外科でニキビの治療を行う場合、ケミカルピーリングといった方法が一般的です。炎症を起こして赤くなっていたり、膿んでいるようなニキビの場合、ケミカルピーリングを行い皮膚表面の古い角質や老廃物を酸の力で除去する事で、ニキビ肌を改善します。

ケミカルピーリングは、グリコール酸というフルーツ酸を使用し、古くなって硬質した角質や毛穴の老廃物を溶かしだして、デコボコした肌の表面を綺麗でなめらかな状態にする方法です。

ニキビは職場環境や人間関係、また生活習慣の乱れによって、ホルモンの分泌バランスが乱れてしまい、ニキビを始めたとした肌のトラブルに悩まさせる事になります。特に、大人の女性は、日中は化粧をして毛穴を塞ぎ、肌の新陳代謝が妨げられています。

そして、古い角質が毛穴が詰まると炎症を起こすと、ニキビとなてってしまいます。ニキビには、白にきびと呼ばれる軽症なものと、毛穴が開いて酸化した皮脂がみえる黒にきび、炎症を起こし赤く腫れた赤にきびなどがあります。ニキビが炎症を起こして悪化すると、患部が黄色い膿を持ってしまい、痕に残ったりしてしまいます。

ニキビの改善は、生活習慣や環境の見直しが必要で、根本的な原因が解消されないと、再発を繰り返す事になります。美容外科でケミカルピーリングやレーザー治療で、ニキビの治療を下のであれば、この機会に生活習慣も見直してみるのがいいでしょう。ケミカルピーリングは、酸の濃度を調節することで、個人にあった治療を送る事が可能です。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved