美容外科の賢い利用法

顔の美容外科

二重瞼埋没法

美容外科の手術で、多くの人が行っているのが二重まぶた埋没法です。目をぱっちりとした二重にする美容外科の方法であり、メスを使用する必要のないプチ整形としても知られています。

二重埋没法は、メスを使用してまぶたを切開することなく、まぶたの裏に糸を埋め込んで、二重まぶた作る方法です。切開法に比べて非常にリスクが低く、若い女性を中心に、男性などでも多くの人から支持されています。

二重まぶた埋没法は美容外科の一種ですが、ダウンタイムが従来の方法に比べて短く、さらに糸を外す事で元に戻す事が出来ると言うメリットがあります。従来の切開法では、メスを使用する美容外科の為、ダウンタイムの症状が重く、仕上がりに納得がいかなかったり、失敗してしまっても二度と元に戻す事は出来ません。

埋没法というプチ整形では、元に戻す事が出来るので、整形をしているという、後ろめたさを感じる事も少なく、若い女性でもお化粧感覚で行う人が増えています。目の人に与える印象は大きく、ぱっちりした二重は顔がはっきりして、快活な印象や顔が整っているといった印象を与えやすく、多くの人二重にしたいと考えているようです。

顔の中でもまぶたは脂肪が多いので、寝不足や二日酔いなどでむくむと、すぐにまぶたが腫れてしまいます。女性の場合、化粧によって一重を二重にする事も出来ますが、皮膚の薄いまぶたは化粧品で荒れやすく、逆に腫れて悪化するという事も多くあります。埋没法は美容外科でも、短時間で行えることもあって、全体的にリスクの低い事が魅力です。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved