美容外科の賢い利用法

身体の美容外科

豊胸術

美容外科では、バストのサイズを大きくする豊胸手術を行う事も出来ます。美容外科の豊胸術には、人工乳腺バッグ挿入する方法と、脂肪を注入する方法に分ける事が出来ます。

一般に、バックを挿入する方法では、バッグの大きさを自分で決めて、理想的なバストを作れます。豊胸術用バッグには様々なものがあり、シリコン素材のものや食塩水バッグなどがあり、昔に比べて安全性や耐久性が高くなっているので、自な触り心地の胸に近になっています。

シリコンは一般的なバッグで、美容外科では昔から使用されています。触り心地が自然なですが、破損する危険があるので、その際にシリコンが人体に漏れてしまう危険があります。美容外科で豊胸術を行いたい場合は、このようなリスクを考慮しなくてはなりません。

また、脂肪注入してバストアップする方法は、脂肪吸引といっしょに行われる事の多い方法です。美容外科では、気になる部分を吸引した脂肪を、胸に再注入して利用することができます。ただし、脂肪の少ない女性から行う事ができませんし、定着率も悪いと言うデメリットがあります。基本的にはお尻やお腹などの部分から吸入した脂肪を使い、バストアップを測りますが、自分の脂肪なのでアレルギー反応も起こりません。

一度、体内から吸入された脂肪は大きなダメージを受けるので、定着率は30%程度と言われており、老廃物などと一緒に体外に排出されてしまう事が多いです。脂肪吸引がメインで、バストアップはおまけとして考えた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved