美容外科の賢い利用法

美容外科の基礎知識

整形外科との違い

美容外科は美容整形と言われる事が多くあり、違いが良く分からない人もいるのではないでしょうか。美容外科は、正式な診療科目として1968 年に日本で認められています。もともとは整形外科から分離した形成外科を、さらに独立する形で美容外科が出来たと言われています。

整形外科とは一般的に骨や筋肉、また神経などを扱う医療分野です。整形外科では、事故やスポーツによって骨折したり、ヘルニアやリウマチ、また酷い肩こりなどの治療を受けることができます。

対して、美容外科では機能には問題が生じていなくても、形状や状態が精神的にコンプレックスとなって負担になっている場合に、コンプレックスを解消する為に行われる医療分野です。

形成外科では腫瘍の除去した胸の再現や、ケロイド痕をレーザーで除去したりする事もあるので、形成外科と美容外科には似たような診察内容の場合もあります。 ただ、美容外科以外のエステで脱毛やフェイスリフトなどを、最近では行うようになりました。

しかし、医療レーザーを使用したり、ケミカルピーリングなどで肌を綺麗にする事は、医療機関にしか認められておらず、エステでは行う事は本来禁止されています。エステでも脱毛やフェイスケアを行う事は違法ではありませんが、方法が医療行為に及ばないかどうかは、非常に重要です。エステなどの方が費用が安いとして、違法な方法を用いた施術を受けて、取り返しのつかない事にならないようにしましょう。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved