美容外科の賢い利用法

美容外科の診療内容

多汗症、ワキガ治療

美容外科では、汗の臭いや量に対しても治療することができます。汗の量や臭いは体質である事が多いですが、多汗症やワキガである場合もあります。夏場や運動後は誰でも大量に汗をかき、特に思春期などの新陳代謝が活発な次期は、汗臭さも周囲が気がつくほどである場合があります。

ただ、一年中汗をかいていたり、匂いがきついワキガである場合、周囲の人に気付かれているのではと不安になり、人を避けるようになったり、家から出たく無くなる事もあります。このような汗に関する悩みは、美容外科で手術する事で、解消することが可能です。

ワキガは汗をかくと匂いますが、本人が決して不潔にしていて匂っているのではなく、脇の下にあるアポクリン腺という汗腺が臭いを発しているのです。アポクリン腺は、多くの人が持っていないのですが、ワキガの症状のある人はアポクリン腺があります。アポクリン腺は、一つ一つ取り除く以外に解決方法はありません。

この為、脇の下のシワから切開して、一つ一つ汗腺を潰していきます。メスを使う事に抵抗を感じる人は、電気で焼き切る方法もありますが、アポクリン腺が無くならないと根本的な解決にならず、ワキガが改善されないことが多いようです。

多汗症の場合は、ボトックス注入して伝達神経を鈍らせ、汗の分泌を抑える事が可能です。ボトックス注射は、顔のしわとりなどでも使用され、副作用やなどはあまりないとされています。汗の量が減るとワキガの臭いの症状も治まるので、対処療法としてワキガの治療でも行われます。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved