美容外科の賢い利用法

美容外科の診療内容

美容皮膚

美容外科では肌のトラブルの原因に対して、医学的な解決を行ってくれます。肌が荒れる原因は、皮膚の表面に問題がある場合と、身体の内部に問題がある場合があります。若い人が美容外科に来る理由で多いのが、ニキビの治療です。

美容外科ではケミカルピーリングで医学的な薬品を用いる事ができ、フルーツ酸の力を利用して、肌のデコボコした表面を綺麗にしたり、肌のターンオーバーが正常に行われるように、古い角質を取り除く事が出来ます。ニキビになりやすい人は、肌の新陳代謝が悪く肌の調子が悪くて、皮脂の分泌量も崩れニキビとなってしまうのです。

美容外科でピーリングを行う事で、余分な古くなった角質がとれて、肌が再生を始めます。ピーリングも美容外科だから出来る施術で、エステで行う事は禁止されています。美容外科でピーリングをする時に、一緒にイオン導入を行うと、美白効果や保湿効果も得る事が出来ます。

イオン導入は、ピーリングの効果を高めてニキビの再生をふせいだり、ニキビの炎症を抑えて肌の赤みを解消する効果があります。また、美白効果があがって肌のくすみが改善され、肌の質が改善されます。イオン導入を行う事で、肌の深層部まで必要な栄養素を行き届かせることができます。

特に、美肌の必須の栄養素で美白効果もあるビタミンCや、シワを改善するビタミンAなどをイオン導入します。美容外科では、フルーツ酸を使用したケミカルピーリング以外に、レーザーピーリングによってレーザーの熱で肌の角質を除去します。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved