美容外科の賢い利用法

美容外科の診療内容

豊胸術

美容外科で豊胸手術を行う場合、シリコンなどの豊胸バッグを挿入する方法と、自分の脂肪を注入する方法があります。脂肪を胸に注入する方法は、脂肪吸引と合わせておこなわれますが、脂肪は一度体外にでると定着し難く、大きな効果は得られないとされています。

また、バストを十分膨らませるだけの脂が必要になるので、痩せている人は行えません。美容外科で主流となっている豊胸術は、胸に人工乳腺や豊胸バッグを挿入して、豊胸を行うものです。

美容外科の豊胸術に使用されるインプラントは、安全面はもちろんですが、仕上がりが自然な柔らかさで形も崩れる事無く、見た目には豊胸している事がわからないほど、自然なバストを表現する事が出来ます。美容外科の豊胸術では、バストに豊胸バッグの挿入するという方法でも、乳腺下法と大胸筋下法という2つのやり方があります。

美容外科の豊胸術は身体にメスを入れるので、傷痕が残るのではないかと心配される声もありますが、腋の下などの目立たない部分を切るだけで済むので、体の負担が少ないとされています。乳腺下法という美容外科術は、腋の下から乳腺下に豊胸バッグを挿入してバストアップします。

ただ、大胸筋下法に比べるとバックの挿入部分が、皮膚に近いので痩せ気味の人では不自然になる可能性もあります。大胸筋下法では腋の下から大胸筋下に豊胸バッグを挿入してバストアップする方法です。乳腺を傷つける心配がなく、痩せている人でも違和感なく仕上げる事が出来ます。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved