美容外科の賢い利用法

美容外科の診療内容

目の美容整形

美容外科において、目の整形を行いたいと言う人は多くいます。これまで、美容外科で目の整形を行う際は、切開法という方法で瞼を切って行う方法が主流でした。現在では、二重まぶたにする為の方法としては、メスを使わないで短時間で行える埋没方が主流です。

美容外科では、仕上がりは医師の技術とセンス、経験が大きく関係します。埋没法は美容外科で行える整形手術ですが、メスを使用せずに糸で瞼を止める方法である為、失敗した時や気にいらなかった時に、これまでの美容整形とは異なり元の状態に戻す事が出来ます。

この為、昔に比べて簡単に美容外科で目の整形を行う人が増えています。しかし、やり直しが効くとしても適当に値段だけで選んだ病院の場合、医師の力が及ばず失敗となる事が少なくありません。腕のいい美容外科の場合、翌日にはメイク出来る程に回復して、周囲に違和感を感じさせる事もありません。

埋没法は瞼が腫れぼったい人や、脂肪の多い人には行う事ができません。このような人の場合、切開法というまぶたの脂肪が多い部分を切開し、二重を作る方法が行われます。切開法は瞼を切ってしまうので、元に戻す事は出来ず、永久的に手術した状態が維持されます。

上手く美容整形出来ずに、不自然な目になってしまたったとしても、元に戻せないという事になってしまいます。目元の美容手術には、離れた目を近づける目頭切開などもありあすが、メスを使用して行う場合は、元に戻らない事を十分理解して行いましょう。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved