美容外科の賢い利用法

美容外科の診療内容

輪郭修正

顔の輪郭は、顔の印象を決める重要な要素で、顔のパーツが整っていても、骨張っていたり、えらの張った顔だと、印象が変わってきます。輪郭が骨ばって全体的に細い感じだと男性っぽく、輪郭がふっくらしていたり丸みのる場合は女性らしいと感じやすいとされています。

美容外科では本人の希望する輪郭に近づけ、バランスの取れた輪郭にする事が出来ます。輪郭の美容外科術では、プロテーゼという人工軟骨を用いて、顎の形をきれいに整えたり、顔の凹凸がすくない場合はメリハリを出したり、希望の輪郭に近い状態する事ができます。

美容外科ではプロテーゼを使用する事で、自然な仕上がりが可能です。顔の輪郭で気になる事では、エラのはった顔などがあります。エラの張った顔は物を噛む筋肉が発達し、顔が大きく見られがちです。

このような場合は、プロテアーゼを挿入して輪郭を整えるのではなく、ボトックスを注射という筋肉の働きを麻痺させる注射を行い、筋肉を衰えさせて、小さく見せるようにする美容外科術が行われます。また、ヒアルロン酸は注入し輪郭を整える方法もあります。ヒアルロン酸は、肌の内部にもともと存在しますが、分子量を変える事で硬さの調節が行えます。

また、体内に存在する成分である事から、安心して使用することができます。コラーゲンの場合、アレルギー反応を示す人もいますが、ヒアルロン酸はアレルギー検査を行わなくても使用する事が出来ます。輪郭を変えたいところに注入し、ダウンタイムもあまりありません。

スポンサードリンク

サイトについて

美容外科の基礎知識

美容外科の診療内容

身体の美容外科

顔の美容外科

美容外科のご紹介

Copyright (C) 美容外科の賢い利用法 All Rights Reserved